ものづくり事業

想いを大切にするものづくりを
アイデア・生産技術・柔軟性が私たちの強みです
お客様とのパートナーシップで、飛躍・感動・楽しさを形にします

感動を生み出すものづくりを目指しています。
貴社のアイデアをお話ください。私たちの企画・設計・生産までの一貫したサポートで実現のお手伝いをします。
企画は国内、製造はオフシェアでバランスを取り、コスト・スピードも有利です。基板製造は20層まで対応可能。 貴社の想いを実現する方法は一つではありません。ものづくり、ソフトウエア、それぞれの利点を活かしながら、最善のアイデアをご提案します 。

ものづくり事業

1セットからの少数ロットに対応します

大規模、標準的なものづくりではなく、少し変わった、突飛なアイデアを形にしたい、そんなときは私たちにお任せください。
実現できるかわからないアイデアから企画を立案するお手伝いをいたします。
作ってから再検討することも大事です。1セットからの少数ロットでプロトタイピングとテストを繰り返しましょう。
柔軟性が私たちの強みです。まずは実現したいアイデアからお聞かせください。

低コストでアイデア実現をサポートします

ものづくりにおけるハードルのひとつがコストです。
形あるものをつくるには、手間と時間を要していました。
でも、それは過去の話、現在はラズベリーパイから、それに付随する様々なコンポーネント、
3Dプリンターをつかった唯一のものづくり、など低コストでものづくりを実現するリソースがたくさんあります。
私たちは、一例として、ラズベリーパイを基盤にした組み込みソフトの開発や、海外の専門企業と連携したPCB基板の設計・製造、など
貴社のアイデア実現までをトータルでサポートします 。

高品質なものづくりを提供します

ものづくりにおいて品質に対する要求はとても高いものがあります。
私たちは品質にもこだわります。
製造委託先でのPCB基板製造では、工程内不良・出荷不良の低減に取り組み、顧客満足度は99%以上です。
また、ソフトウエア品質改善にも取り組み、特に重要なセキュリティー対策には万全を期しています。
想いを形にする柔軟性を備えながら、堅実なものづくりを継続することに努めています。

1セットからの
少数ロットに対応します

大規模、標準的なものづくりではなく、少し変わった、突飛なアイデアを形にしたい、そんなときは私たちにお任せください。
実現できるかわからないアイデアから企画を立案するお手伝いをいたします。
作ってから再検討することも大事です。1セットからの少数ロットでプロトタイピングとテストを繰り返しましょう。
柔軟性が私たちの強みです。まずは実現したいアイデアからお聞かせください。

低コストでアイデア実現を
サポートします

ものづくりにおけるハードルのひとつがコストです。
形あるものをつくるには、手間と時間を要していました。
でも、それは過去の話、現在はラズベリーパイから、それに付随する様々なコンポーネント、
3Dプリンターをつかった唯一のものづくり、など低コストでものづくりを実現するリソースがたくさんあります。
私たちは、一例として、ラズベリーパイを基盤にした組み込みソフトの開発や、海外の専門企業と連携したPCB基板の設計・製造、など
貴社のアイデア実現までをトータルでサポートします 。

高品質なものづくりを提供します

ものづくりにおいて品質に対する要求はとても高いものがあります。
私たちは品質にもこだわります。
製造委託先でのPCB基板製造では、工程内不良・出荷不良の低減に取り組み、顧客満足度は99%以上です。
また、ソフトウエア品質改善にも取り組み、特に重要なセキュリティー対策には万全を期しています。
想いを形にする柔軟性を備えながら、堅実なものづくりを継続することに努めています。

技術力と高品質で、お客様の想いやアイデアを具現化します

【制作事例】加速度センサーを使った着れるドラム

いつでも、どこでもリズムに囲まれた生活を。遊び心に溢れた着れるドラムを制作中です。なぜ、着れるドラム?理由は簡単、“面白そうだから” です。
ドラムを着ている、いつでもパフォーマンスできる、新しい体験がまた新しいコンテンツを生み出す可能性を秘めています。ものづくりに面白さを、実現できる環境は整っています。

サービスの流れ(例)

(1)アイデア具体化 社会背景やビジネス上の課題をお聞かせいただき、実現したいアイデアを具体化します。アイデアを強化するブレストを行う場合があります。
(2)企画 全体像を明確にし、背景、課題、解決方法を整理します。要件定義につながるように、機能の具体化を行います。
(3)要件定義 ハードウエア、ソフトウエアに必要な要件を定義します。目的に照らし合わせ必要な機能に絞り込み効率的に目的達成できる要件を定義します。
(4)ソフトウェア設計 要件におけるソフトウエア部分の具体的な設計を行います。
(5)ハードウェア設計 適切な提携先を選択し、ハードウエアの具体的な設計を行います。コストや納期を考慮し、効率的に目的達成できるハードウエアを設計します。
(6)ハードウェア制作 ハードウエアを制作します。当初の目的に照らし合わせたロット数をなるべく短納期で制作します。
(7)ソフトウエア制作・テスト ソフトウエアの機能テストを行います。要件定義から作成したテスト仕様書により、機能のチェックを行います。
(8)総合テスト ハードウエア・ソフトウエアの結合テストを行います。組み込みソフトによるハードの確実な動作や、システムとの連携をチェックし、当初の目的が達成されているかを確かめます。
(9)フィードバック 作成されたシステム・ハードウエアについて、ユーザーのテストなどを行い、機能の妥当性やユーザーに受け入れられるかをテストします。重要な改善項目を洗い出します。
(10)量産化検 フィードバックを受け、今後の量産化について検討を行います。フィードバックの結果によって、量産化へ進むか、また再テストが必要かを決定します。